ノンエー Amazon 楽天

入浴で体を温める

ニキビ対策のために、入浴はとても効果があります。
入浴することで、体が温まり血行が良くなります。血行が良くなれば、肌の新陳代謝が促されます。また、身体があたためられることで毛穴が開き、老廃物が排出されやすくなるのです。そのため、ニキビができにくくなります。そのためには、正しい入浴の方法を知っておくことが、とても大切になってきます。まず、お湯の温度です。38度程度の湯で入るようにします。

 

熱すぎる温度で入ってしまうと、肌が乾燥してしまいますし、身体の芯まであたたまらないうちにのぼせてしまう可能性があります。38度程度の湯で、ゆっくりとつかるようにしましょう。10分から15分程度、つかるようにすると良いです。また、入浴の時、髪を洗ってから顔、身体という順番で洗っていきます。その際、ニキビが出来やすい肌を強くこすって洗うようなことはしないようにしましょう。優しく石鹸の泡で洗うようにすると良いです。すすぐ時は、しっかりとすすぎ、石鹸が肌に残ってしまわないようにします。このように、ニキビ対策には、入浴で体を温めることがとても大切です。シャワーを浴びるだけでなく、出来るだけ入浴して体を温めるようにしましょう。