ノンエー Amazon 楽天

ニキビ対策の為に:睡眠を十分に取る

ニキビができやすい肌の1つの原因として、生活習慣の乱れがあると言えます。
睡眠不足は肌にとって良くないということは広く知られていますが、肌荒れを起こしやすいというだけに留まることなく、慢性的な睡眠不足に陥っているときにはニキビができる原因になります。
ダメージを受けている肌は巣民中にケアが行われますので、生活のリズムが乱れているときには肌の自浄作用が弱くなります。
また、しっかりと睡眠が取れていないことはストレスにも繋がりますので、自律神経の交感神経が優位になってしまうことになり、その影響で男性ホルモンが過剰に分泌されます。
男性ホルモンが分泌されすぎてしまうと、肌のバリア機能が破たんしてしまうことや、皮脂が過剰になってしまうことでニキビができやすくなります。 男性ホルモンが増えると皮脂過剰になることと、角質の柔軟性が失われてしまうことで角栓の詰まりを誘導してしまう原因となります。
ニキビは毛穴の角栓が詰まって、そこに皮脂が溜まってしまうことで発生しますので、男性ホルモンが増えることはニキビができやすい肌の状態になってしまうことを意味します。
ノンレム睡眠の時間帯には肌のターンオーバーが行われていると言われており、肌トラブルの改善につながります。
入眠してから3〜4時間ほど経過した頃が、最も肌のケアが活発に行われていると言えますので、この時間を増やすことがニキビ対策になると言えます。